魅力ある賃貸物件が増えてきた

単身者用賃貸物件に住む者にとって、シャワーは必要だけど浴槽は無くても別に困らない事実を記述しました。

魅力ある賃貸物件が増えてきた

単身者にとっての、賃貸のシャワーと浴槽について。

単身者用のマンションやアパート物件に住まわれておられる皆さんは、おそらく浴槽があってもほとんど使わずに、大抵シャワーのみで済ませていらっしゃる事でしょう。なおその理由は言うまでもなく、たった一人が入浴するだけのために大きな浴槽一杯にお湯を溜めるという行為が、水道代や光熱費の面から考えて大変勿体無いからです。そのため近頃は家賃が相当格安な賃貸物件などでは、最初から浴槽が無くてシャワーのみが設置されているというお部屋も、結構珍しくなくなってきています。

ちなみに私が現在暮らしている賃貸アパートも、まさしくそういったシャワーのみが設置されている部屋だったりします。元々は完全な風呂無し物件だったようですが、流石に今時それでは入居希望者の集まりが悪くなってしまうと判断したようで、少ないスペースしか使わず、なおかつ比較的設置工事が容易であるシャワールームのみを、後から追加で取り付けたようです。ただ昔の風呂無し物件だった頃の名残りとして、トイレだけは未だに和式トイレのままだったりするので、今でこそ慣れたものの入居した当初は結構用を足すのに苦労させられました。しかし近頃は銭湯代も結構上がってきているので、もし風呂無し物件のままで銭湯に通わなければならない事を考えたら、今の部屋にシャワールームがあるだけでも随分節約につながっているのは間違いありません。


Copyright(c) 2018 魅力ある賃貸物件が増えてきた All Rights Reserved.