魅力ある賃貸物件が増えてきた

賃貸物件の敷金の返金まで一ヶ月ほど掛かる場合がありますが、返金されない場合には問い合わせをする必要があります。

魅力ある賃貸物件が増えてきた

賃貸物件の敷金の返金はトラブルになりやすい

賃貸物件の敷金の返金に関しては、度々耳にするトラブルです。敷金は借主が貸主や物件を管理している不動産会社が預かっているもしもの時のためのお金ですので、物件を契約した時には、領収書ではなく預かり証が発行されているお金なのです。ですので、通常は、物件を解約すると返金されるお金です。返金は物件解約からおおよそ一ヶ月後ぐらいと考えておくと良いです。ただし、あくまで目安ですので、一ヶ月後必ず返金される訳ではないので、返金時期は退去時の立会いの時に確認しておいた方が良いです。返金は解約の時に口座を知らせることになります。返金される金額について、トラブルになりやすく、一般的には現状退去時にクリーニング費用を差し引いた分の金額が返金されます。ただし、時には敷金が全く返金されない雰囲気のケースもあり、そういった場合には、まずは敷金はどうなっているのかを不動産会社や貸主に確認が必要になります。クリーニング費用や修繕費用の明細が届いていない場合には、敷金の返金問い合わせと同時に費用の明細の発行依頼も同時に行います。もしかすると借主が負担しなくてもよいクリーニングや修繕の費用が含まれてしまっているかもしれないので、敷金の返金を求める事も可能になるかもしれません。

敷金は、不動産会社または修繕を行う業者と貸主が明細等のやりとりを行ってから返金されますので、退去後しばらく時間が掛かるのです。ですので、クリーニングや修繕に時間が掛かってしまっている場合には、敷金返金の手続きに時間が掛かってしまう場合がありますが、金銭の問題ですので、確認は必ず行う事が必要です。


Copyright(c) 2018 魅力ある賃貸物件が増えてきた All Rights Reserved.